トップページ企業情報 > 部門紹介 > 経理課 社員の声

部門紹介

調合課 社員の声

船水 英樹(生産部・調合課 所属)

仕事内容

主に原料の秤量、調合、調整などの仕込み作業を行っています。仕込み作業には、正確さはもちろんのこと各製造ラインの生産開始時刻に間に合うよう迅速な行動が求められます。製品によってその内容はさまざまですが、温度管理に気を使うもの、水の使用量が制限されているものなどは特に緊張感が高い作業になります。

製品の仕込み後は使用タンク・送液経路の洗浄を行います。洗浄時間、使用する洗剤の種類などルールに従って作業します。洗剤は危険物ですので扱いには細心の注意を払っています。自動洗浄システムの導入により作業は楽になりましたが、もちろん最後は自らの目でのチェックも怠りません。

一日の作業の最後は翌日の生産に使用する原料の準備を行い、製品によっては約20キロの一斗缶を数十本も用意することもあります。

仕事のやりがい

扱う製品の中には、液温を高温(90度程度)に上げるものもあり、夏場の作業は大変で、体力勝負の側面もあります。また、仕込作業は製品生産のスタートにあたり、当然ながらミスは許されません。正確かつ迅速な判断と対応が求められます。それだけに無事合格判定をもらい、生産が開始できたときの喜びはひとしおです。

非常にシビアな現場だと思いますが、それだけに一日の仕事が終わった後は、大きな充実感が得られます。また、店頭で自分たちが携わった商品を見かけるのも大きな喜びです。

ある1日のスケジュール

5:15 出勤
早朝出勤のスケジュール。生産ライン稼動前にその日の仕込みに使う原料の準備と確認からスタート。

6:00 仕込
担当製品の仕込み開始。量、温度などチェックする項目に目を凝らします。

10:00 交代・休憩

12:00 洗浄
その日の生産で使ったタンク・経路の洗浄を開始。

13:30 交代・引継
交代社員との作業引継ぎ。スムーズに引き継げるよう、伝達は丁寧に細かく行います。

14:00 事務処理
書類の記入、入力、翌日の業務の確認など。

14:30 帰宅

ページの上に戻る