トップページ企業情報 > 部門紹介 > 製造課(工程管理)社員の声

部門紹介

製造課(工程管理)社員の声

吉田 伸也
(生産部・製造課(工程管理) 所属)

仕事内容

私の所属している製造ラインは、ミニボトル缶とビンの両方の生産を行える高速の全自動化ラインです。
このラインでは普段コンビニ等でよく目にする滋養強壮などのビン容器製品の他にミニボトル缶タイプの製品も生産しており、多品種にわたって製品を生産しております。また、中身液の充填も炭酸ガスと無ガスの両方を行うことができます。

私はこのラインで中身液の殺菌、充填工程を担当しており、安全で高品質な製品を確実にお客様の元へお届けできるよう、細心の注意を払って工程管理を行っています。
具体的には殺菌温度、充填量、ガスボリューム値、Brix値などが規格に沿っているか、外観に問題がないか等、生産する製品ごとに細かく決められた規格通りに製造できているかを管理、確認しています。

また、仕上げ工程を担当することもあります。仕上げ工程の管理も厳しく、賞味期限印字ひとつを取り上げても、印字の位置や文字の大きさなど、捺印された印字が規格にあっていることを工程内で2名がダブルチェックし、さらに品質保証部も確認して管理を行っています。
このラインは多品種生産のために型替えも多く、大変な部分もありますが、設備が安定して稼動していると嬉しくなります。

仕事のやりがい

生産では1日に1ラインだけで十万本以上製造しますが、喉が渇いて商品を飲まれるお客様はその時1本だけです。その1本にもし問題があればそのお客様にとっては100%の不良品になります。そのため、製造現場では生産のスタートからラストまで常に気が抜けません。その分、多くの厳しい検査を乗り越えて出荷判定で合格し、安全で高品質な製品を生産することができたときは充実感があります。

ライン内では、オペレーター、切替作業、定期メンテナンス作業など多くの仕事を行います。他にも改善活動にも力を入れて頑張っています。
当社では全社を挙げて改善活動に取り組んでおり、社員の一人ひとりが現状に満足するのではなく、常に 問題意識を持って業務に取り組んでいます。そのため意欲を持って新たな発想で現場を改善することができ、それを評価してもらえた時には、頑張って苦労したことが報われたことで、大きな喜びを感じます。

ある1日のスケジュール

5:30 出勤
健康チェックを行い、前日の生産で問題がなかったかチェックします。

6:00 始業前洗浄
安全な製品を作るための前準備作業(始業前洗浄)を行います。

9:00 立ち上げ
生産がスタート。立上げ時が一番緊張します。

10:00 生産中
工程管理をしっかりと行います。

11:00 昼食・休憩
仲間達と楽しいランチタイム。

13:00 生産中
工程管理をしっかりと行います。

14:00 遅番への引継ぎ
遅番の社員へ引継ぎを行います。今日起こった出来事、気をつけるべきことなど、情報共有を確実に行うようにします。

14:30 帰宅

ページの上に戻る